Google Workspace のご紹介

Google Meet で出席状況を確認する方法

Google Workspace には Google Meet の会議の出席状況を確認する機能があります。
この記事は、出席状況の設定方法と使い方をご紹介します。


利用できるエディション

出席状況 機能を利用できる Google Workspace エディションは次になります。
それ以外のエディションは利用することができません。

  • Google Workspace Essentials
  • Google Workspace Business Plus
  • Google Workspace Enterprise Essentials
  • Google Workspace Enterprise Standard
  • Google Workspace Enterprise Plus
  • Google Workspace Education Plus
  • Google Workspace for Education – Teaching and Learning Upgrade

設定の確認

Google Workspace:Google Meet の出席レポートを有効または無効にする
  1. Google 管理コンソールにアクセスします。
  2. [アプリ > Google Workspace > Google Meet] の順番でクリックします
  3. [Meet の動画設定] を選択し、[出席レポート] が オン になっていることを確認します。

この出席状況 機能は部門ごとに設定することができます。

※ デフォルト設定では オン になっています。

Google Meet で出席状況を利用する

操作手順

Google カレンダーで Google Meet で出席状況を有効化する
  1. Google カレンダーで予定を作成します。
  2. [Google Meet のビデオ会議を追加する] をクリックし、歯車アイコの [ビデオ通話オプション] をクリックします。
  3. 主催者用ボタンを選択し、[出席状況の確認] にチェックを入れて有効化します。

招待を受けたユーザー(参加者)側では出席状況 機能が表示されていないため、有効化されているかわかりません。

※ Google Meet 開催中に Google カレンダーでこの設定を変更しても適用されません。
※ 参加者として Google Meet に参加した場合は出席状況 機能を利用することができません。

Google Meet 側で有効にする

Google Meet 内でも出席状況 機能を有効にすることができます。

Google Meet:出席状況 機能を有効にする
主催者側の Google Meet
  1. Google Meet を主催者として起動します。
  2. 下部バーのその他のオプション [] をクリックします。
  3. 歯車アイコン [設定] をクリックします。
  4. 主催者用ボタンを選択し、[出席状況の確認] にチェックを入れて有効化します。

※ Google カレンダーで設定していない場合は 出席状況の確認が オフ になっています。

出席レポート

Google Meet が終了すると数分後にメール [会議の出欠レポート]が送信されます。

Gmail:Google Meet 会議の出欠レポート

出席レポートは Google スプレッドシートで生成され、主催者の Google マイドライブのフォルダ「会議レポート」に保存されています。

Google Drive:マイドライブに出席レポートが保存される
主催者の Google ドライブ

Google Meet に参加したユーザーの出席状況が記載されています。
Google カレンダーで招待していても参加していないユーザーはこの会議レポートに記録されていません。

Google スプレッドシート:出席状況の会議レポート
  • 出席情報:
    • 参加者の氏名
    • ログインしたメールアドレス
    • 参加時間(累計時間)
    • 参加した時刻(最初に参加した時刻)
    • 退出した時刻(最後に退出した時刻)

※ 途中退場して参加した場合は最初と最後の時刻が記録されます。
※ 外部の参加者はメールアドレスが自動的に伏せ字にされます。設定で伏せ字を解除することができません。
※ 同じ Google Workspace(ドメイン)ユーザーの場合は伏せ字にされず、メールアドレスがすべて表記されます。

拡張機能を使って出席を確認する

Chrome の拡張機能を使って Google Meet の出席状況を記録する方法もあります。
こちらは Google Workspace エディションを問わず利用することができますが、事前準備を開催ごとに行う少し煩わしい作業が発生します。
>> Attendance for Google Meet™ – Chrome ウェブストア

関連記事