Google Workspace

無料で使える Google Workspace Essentials Starter

Google WGoogle Workspace Essentials Starterは、Google Workspace Essential の無償版エディションです。
基本的な機能は Google Workspace Business と同様の ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、Meet など機能が備わっていますが、独自ドメインの Gmail が利用することができません。

無料で利用できるのは Google Workspace Essentials Starter のみになります。上位エディション Enterprise Essentials は有償になります。


Google Workspace Essentials とは

Google Workspace Essentials は、ビジネス ユーザー向けのエディションです。
Google Workspace Essentials Starter のみ無料で利用することができ、1人あたり 15 GB のストレージを利用可能で、1つのチーム アカウントに登録可能ユーザー数は最大 25人、同じドメインであれば、複数チームを設定できます。
Gmail 機能は含まれておりませんが他の機能 Google Meet、ドライブ、Google Chat などの Google Workspace ユーザー機能と管理機能を利用することができます。しかし、Gmail に紐づく Google コンタクトは利用することができません。利用するには Google Workspace Business にエディションを変更しなければなりません。
>> すべての Google Workspace エディション、価格と支払いプラン

用途

Essentials は、すでに他のメールサービスを利用しており、ソフトウェアにあまり予算をかけられない組織に向いています。

Google Workspace


一時的な社内外チーム/プロジェクトで利用する際に効果的です。機能は限定されてしまいますが共通のストレージ(ドライブ)、Web会議ツール(Meet)などの使い慣れた Google サービスを使うことでコストを掛けることなくチームで利用することができます。

利用手順

Google Workspace Essentials を始めるには、仕事用のメールアドレスを登録することが条件になります。
公式ページからアカウントを作成することで利用開始することができます。

※ @gmail.com は個人メールアドレスになるため、仕事で利用していたとしても Google Workspace Essentials で利用できません。[ユーザー名]@[会社名].com のような仕事用のメールアドレスを使用する必要があります。

アカウント作成時にはクレジットカードは不要でトライアル期限が設けられていません。

エディション

次の 2つのエディションが用意されてます。

Essentials Starter

最大 25 ユーザーのチームでコラボレーション ツールとビデオ会議をご利用いただけます。料金はかかりません。

Enterprise Essentials

コラボレーション ツールと大人数で参加可能なビデオ会議、高度な機能、大容量のストレージ プール、エンタープライズ レベルのセキュリティと管理機能をご利用いただけます。

料金

Essentials StarterEnterprise Essentials
無償有償 (10 USD)

Enterprise Essentials との違い

Essentials Starter は、最小のエディションでチーム向けのため機能の多くに制限がかかっています。
上位エディション Enterprise Essentials では規模が大きい組織向けになっており、全ての機能を利用することが可能になっています。

  • Essentials:会社または学校の小規模なチームで、ビデオ会議、チャット メッセージ、共有ファイル、オンライン ドキュメントを使用して共同作業を行えます。
  • Enterprise Essentials:エンタープライズ レベルのセキュリティと管理機能を備えたプラットフォームでコラボレーションとビデオ会議を実現。既存のメールとカレンダー ソリューションの統合。

登録数

Essentials Starter チームのユーザー数は最大 25人ですが、組織で登録できるチームの数に制限はありません。
Enterprise Essentials では チームに登録できる制限はありません。

機能

コアサービスと追加サービス

*ドメイン所有権の証明が必要

Essentials StarterEnterprise Essentials
ドライブ ストレージ (15 GB)
ドキュメント エディタ
Meet によるビデオ会議
Chat と Chat スペース
Jamboard によるデジタル ホワイトボード機能
ToDo リスト
カレンダー
ディレクトリ管理
Google サイト
Keep でのメモ作成
ビジネス向け Google グループ *
その他の Google サービス(管理者が管理) *
Google Vault による電子情報開示と情報ガバナンス *
Google Cloud Search によるドメイン内検索とアシスト機能
 
 Google サービスのみ

ID 管理

Essentials StarterEnterprise Essentials
既存のユーザー アカウントを追加または削除する
ユーザー アカウントを作成、削除する *
特権管理者のロールを割り当てる
カスタムの管理者のロールを割り当てる *
ユーザー プロファイルを管理する *

移行プロダクト

Essentials StarterEnterprise Essentials
カレンダー、連絡先、ファイルを移行する(各種ツール) 
Exchange から移行する 
Outlook から移行する 
HCL Notes から移行する 
ユーザーにデータを移行してもらう 

Google Meet

Essentials StarterEnterprise Essentials
会議の最長時間60 分24 時間
会議あたりの参加者数の上限100150
外部の参加者
プレゼンテーションと画面共有
デジタル ホワイトボード
Microsoft Outlook に Meet の動画を追加する
Meet 会議室ハードウェアに対応
ダイヤルイン(米国および他の国 / 地域の電話番号から)* 
会議の録画とドライブへの保存 
ブレイクアウト ルーム 
アンケート 
Q&A 
出席状況の確認(参加者が 5 人以上の場合) 
共同主催者を会議に追加する 
挙手 
ノイズ キャンセル 

Google Chat

Enterprise StarterEnterprise Essentials
チャットの制限10,000 件制限なし
チャットの履歴を有効または無効にする 
ユーザーのスペースの履歴オプションを設定する 
チャットへの招待を自動的に承認する 
外部とのチャットを許可または制限する 
chat bot を許可または制限する 
外部ユーザー参加のスペースを有効または無効にする 

参照記事