[Google Workspace] セカンダリ ドメインを追加する

Google Workspace に別ドメインを追加/管理する方法

Google Workspace は、1つ Google Workspace アカウントで複数のドメインを管理することができます。


どのエディションでもセカンダリ ドメインを無料で追加することが可能ですが、ドメインで組織/グループを分けて管理をするには Business Standard エディション以上でないと設定することができません。

複数ドメインで できること/できないこと

できること

セカンダリ ドメインに設定すると以下のことができますが、ドメイン別で組織またはファイル共有を管理する場合は Business Standard 以上のエディションでないと設定することができません。

  • 全エディション
    • 1つの管理ダッシュボードで一元管理する
    • 複数ドメインで Gmial を利用する
    • セカンダリ ドメインをプライマリ ドメインに切り替え
  • Business Standard 以上
    • Google ドライブでの共有先を特定のドメインに限定する
    • ドメインで組織/グループが作成する

できなくなること

セカンダリ ドメインに設定した後、以下のことはできません。

  • ドメインごとにロゴが設定できない(ロゴは 1 つだけ)
  • セカンダリ ドメインで新しい Google Workspace アカウントを作成できない
  • 「ネイキッド」URL をセカンダリ ドメインにリダイレクトできない

※ 一部のサービスで シングル サインオンで Google Workspace のプライマリ ドメインでログインできない場合があります。この場合はサービス側の問題です。

ユースケース

複数のリージョン、ビジネスまたはブランドなどでドメインを取得しており、組織/グループとしてユーザーを管理する際に効果的です。

例えば、
日本(.co.jp)に本社を持っており、米国(.us)、シンガポール(.sg)、台湾(.tw)で拠点があります。
拠点間でファイル共有していますが、日本 – 米国 リージョンのみでファイル共有するケース。

その際は各リージョンにアカウント マネージャーを任命することで、リージョン毎にユーザーアカウントを作成できるように権限しておくとスムーズです。
ただし、Googlw Workspace のお支払いアカウントは 1つ任命できないため、リージョン別に請求書を振り分けることができません。

ドメイン追加方法

[Google Workspace] セカンダリ ドメインを追加する
  1. Google Admin 管理コンソールにアクセスします。
  2. アカウント>ドメイン>ドメインの管理」して [ドメインを追加] をクリックします。
  3. ドメイン名を入力し、[セカンダリ ドメイン] を選択して [ドメインを追加して所有権を証明] をクリックします。
  4. ドメインの所有権をTXT または CNAME で証明します。

ドメインの所有権を証明完了すると セカンダリ ドメインとして追加されています。

参照記事