Chrome:SSL証明書 メッセージ
サーバー側がSSL証明書 を発行していないため、表示される。

【https化 編】SSL 証明書の発行とリダイレクト、自動更新の設定

前回のフェーズでは、「Wordpres のアップロード上限の変更とBitnami のバナー非表示」を行いました。
今回は「SSL 証明書を発行しhttps 化」「リダイレクト設定」「自動更新スプリントの作成」を行います。

この時点でも Webサイト としての運用が行えますが常時 HTTP になってしまい、アクセスしらユーザーに警告メッセージが表示され、SEO的にも悪影響を与えます。
HTTPS 化(SSL化)を行うにはVM インスタンスにSSL 証明書を発行する必要があります。
SSL 証明書を発行するには主に次の方法があります。

  • サーバにSSL 証明書を発行する。
  • ネットワークからSSL 証明書を提供してもらう。

ここでは Let’s Encrypt を使って SSL 証明書を発行します。

Let’s Encrypt で SSL 証明書の発行する

Let’s Encrypt を使用してVM インスタンスでSSL 証明書を発行します。通称、HTTPS 化やSSL化と言われています。Let’s Encrypt はドメイン認証(DNS 認証)を行うため、DNS 設定を最初に行う必要があります。DNS 設定が完了していない場合は先にDNS 設定を行ってください。
>> 【ドメイン設定 編】IPアドレスの固定化&Google Domains でドメイン設定

VMインスタンス にSSH 接続を行い、ターミナルを起動させます。

[Bitnami] ターミナル

Let’s Encrypt を使って SSL 証明書をインストールするために、root 権限にアクセスします。

sudo -i
[Bitnami] root 権限に変更

次のコマンドで、NGINX サーバーを停止します。

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh stop nginx

lego をインストールする

Bitnami Application stack に lego がインストールされていません。
次のコマンドを入力し、最新の lego を /tmp フォルダにインストールします。

cd /tmp
curl -Ls https://api.github.com/repos/xenolf/lego/releases/latest | grep browser_download_url | grep linux_amd64 | cut -d '"' -f 4 | wget -i -

ls コマンドで最新の lego バージョンを確認します。

ls
[Bitnami] lego をダウンロード

最新のバージョン名をコピーし、
次のコマンドを実行して最新バージョンの lego をインストールします

tar xf lego_v[VERSION NO]_linux_amd64.tar.gz
sudo mkdir -p /opt/bitnami/letsencrypt
sudo mv lego /opt/bitnami/letsencrypt/lego
[Bitnami] lego をインストール

lego が Bitnami Application stack に正常にインストールができました。
次は Webサイトに SSL 証明書をインストールします。

SSL 証明書をインストールする

Let’s Encrypt のSSL 証明書を発行するために次のコマンドの一部を変更して入力します。

sudo /opt/bitnami/letsencrypt/lego --tls --email="[EMAIL-ADDRESS]" --domains="YOUR-DOMAIN" --path="/opt/bitnami/letsencrypt" run
  • EMAIL-ADDRESS:メールアドレス。
  • YOUR-DOMAIN:ドメイン。
    • サブドメインを含め複数のドメインをSSL化を行う場合は、続けて「d=”YOUR-DOMAIN”」と記述します。
[Bitnami] SSL をインストール

コマンドを実行すると 承認確認が尋ねられるので「y」を入力します。

エラーが起きず、SSL 証明書を発行したら、
次のコマンドを実行し、NGINX を再起動させます

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart nginx

SSL 証明書を構成

次のコマンドを実行し、作成した SSH 証明書を確認します。

cd /opt/bitnami/letsencrypt/certificates/
ls
[Bitnami] SSH 証明書を確認

次のコマンドを実行し、wordpress-https-server-block.conf ファイルを開きます。

vim /opt/bitnami/nginx/conf/server_blocks/wordpress-https-server-block.conf

キー「a」を押し、インサイト モードに変更し、記載されている SSH 証明書を新しい SSH 証明書のパスに上書きします。

ssl_certificate /opt/bitnami/letsencrypt/certificates/[YOUR-DOMAIN].crt;
ssl_certificate_key /opt/bitnami/letsencrypt/certificates/[YOUR-DOMAIN].key;

キー「Esc」を押してノーマルモードに変更し、「:wq」で上書き保存を行いファイルを閉じます。

[Bitnami] SSH 証明書パスの変更

WordPress を HTTPS

wp-config.php ファイルを編集して WordPress の構成設定を https にします。

次のコマンドで wp-config.php ファイルを vim で開きます。

vim /opt/bitnami/wordpress/wp-config.php

キー「/」を押して WP_HOME と入力してファイル内検索を行います。

[Bitnami] WP_HOME 検索

キー[a] に押してインサイト モードで http:// を https:/ に書き換えます。
書き換えた後、キー「Esc」を押してノーマルモードに変更して「:wq」で上書き保存を行いファイルを閉じます。

[Bitnami] https:// に書き換え

HTTPS へのリダイレクト

WordPress は https へと書き換わっていますが http でのアクセスを https へとリダイレクトさせます。

次のコマンドを実行して vim で wordpress-server-block.conf ファイルを開きます

vim /opt/bitnami/nginx/conf/server_blocks/wordpress-server-block.conf

次の文を追加します。

# Redirect http to https:
return 301 https://$host$request_uri;


キー「Esc」を押してノーマルモードに変更して「:wq」で上書き保存を行いファイルを閉じます。

起動テストをする

変更した NGINX 構文のテストします。

次のコマンドを実行して NIGINX の起動をテストします。

nginx -t
[Bitnami] NGINX の起動テスト

構成ファイルにエラーが出なかった場合は NGINX を再起動するために、次のコマンドを実行します。

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart nginx
[Bitnami] NGINX を再起動

ブラウザの検索バーに設定したドメインを入力し、HTTPS 接続ができることを確認します。

自動更新スクリプトの作成

Let’sEncrypt の SSL 証明書は90日間のみ有効で手動で更新になっています。
有効期限が切れる前に自動的に証明書を更新されるように設定します。

次のコマンドを実行して renew-certificate.sh を作成し ファイルを開きます。

mkdir -p /opt/bitnami/letsencrypt/scripts
vim /opt/bitnami/letsencrypt/scripts/renew-certificate.sh

次の内容をスクリプトに入力して保存します。

#!/bin/bash

  sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh stop nginx
  sudo /opt/bitnami/letsencrypt/lego --tls --email="[EMAIL-ADDRESS]" --domains="[YOUR-DOMAIN]" --path="/opt/bitnami/letsencrypt" renew --days 90
  sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh start nginx
[Bitnami]  renew-certificate.sh の作成

作成した renew-certificate.sh スクリプトを実行可能にします。

chmod +x /opt/bitnami/letsencrypt/scripts/renew-certificate.sh

次のコマンドを実行して crontab を開きます。
実行すると「どのエディタで開きますか」と尋ねられるので 2 を入力します。

crontab -e
[Bitnami] crontab を vim で開く

次の文を crontab ファイルに追記して保存します。

  0 0 1 * * sh /opt/bitnami/letsencrypt/scripts/renew-certificate.sh 2> /dev/null
[Bitnami] crontab を自動更新スクリプトを追記

以上で「SSL 証明書の発行」「自動更新スクリプトの作成」は完了となります。
次のフェーズでは、「Cloudflare のCDNを利用してWebサイトを高速表示化」を行います。


まとめ

Google は2015年ごろからHTTPS 接続を推奨しており、「HTTP 接続=保護されていない通信」として定めています。近年はHTTPS が通常化しているのでブログ サイトであってもHTTPS 化しておくことをおすすめします。

全記事

  1. 【概要 編】無料を目指してGCPでWordPress 環境構築
  2. 【WordPress構築 編】GCP でWordPress をクリック操作のみでデプロイ
  3. 【ドメイン設定 編】IPアドレスの固定化&Google Domains でドメイン設定
  4. 【WordPresss設定 編】WordPressのアップロード上限を変更&Bitnami バナーの削除
  5. 今ココ→【https化 編】SSL 証明書の発行とリダイレクトの設定
  6. 【Cloudflare設定 編】Webサイトの表示速度を高速化
  7. 【WP-Stateless設定 編】WordPres の画像をGoogle Clould Storage へ移行/バックアップ

後日 編